書籍

僕が実践しているダイエットの参考書を紹介します。減量だけでなく健康体も目指せます。

このダイエットブログの主旨

このブログは2020年5月30日から急に始めたダイエットの記録(僕の備忘録)です。
コロナの影響で在宅勤務する機会が多く、また、Stay Homeで普段の活動ができない中、体重は増えるばかり・・・
ちょっとこれを機にダイエットでもするかと思った次第です。
とは言っても、運動はしたくないので可能な限り楽して減量を目指しています。
なんて勝手なダイエットでしょう。。

ダイエットには様々な方法がありますが、僕が選んだダイエット法を紹介します。これから減量を始めようとしている人達の参考になれば幸いです。

僕の実践している主なダイエット方法はファスティングと糖質制限です。
下の方でも紹介しますが、ダイエット方法論は次の書籍を参考にしています。

■ファスティング
 ・「空腹」こそ最強のクスリ

■糖質制限
 ・眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話
 ・眠れなくなるほど面白い 図解 体脂肪の話

■食材選択
 ・眠れなくなるほど面白い 図解 栄養素の話
 ・眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話

僕が実践しているダイエットの参考書

16時間ファスティングの勧め

空腹」こそ最強のクスリ
この本を参考にファスティング(プチ断食)を実施しています。
 ・なぜ空腹時間を作ると健康に良いのか?
 ・16時間の空腹時間を作る理由
 ・オートファジーを理解する
 ・ファスティングすることで体がどうなるか?


糖質制限の勧め

眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話
↓この本を参考に糖質制限しています。
 ・なぜ糖質がそんなに悪いのか?
 ・糖質を摂取するとどうなるのか?
 ・糖質を摂らないと脳が動かないのでは?


眠れなくなるほど面白い 図解 体脂肪の話
↓この本を参考に脂肪の特性を理解して食事をしています。
 ・なぜ脂肪がつくのか?
 ・体脂肪を減らすための効率的な運動の方法とは?


食べ物を意識してたべる

眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話
↓この本を参考に食べ物の特性を理解して食事をしています。
 ・なぜたんぱく質なのか?
 ・炭水化物=糖質=中世脂肪
 ・カロリーよりも糖質を制限する必要がある
 ・脂質は摂取した方がいい


眠れなくなるほど面白い 図解 栄養素の話
↓この本を参考に食べ物の特性を理解して食事をしています。
 ・人間に必要な栄養とは?
 ・炭水化物?たんぱく質?ほんとに必要な要素は?
 ・身体には必須アミノ酸が必要


まとめ

初めに読んだ「空腹」こそ最強のクスリという本が衝撃でした。
空腹時間を16時間確保するだけで勝手に体の中が綺麗になるという事実は本当にびっくりです。オートファジーすげー!
僕は少しだけアレルギーがあり、よく蕁麻疹が出ます。オートファジーでアレルギーも緩和されることも期待できますね。

僕は普段から3食しっかり食べていました。いつも満腹まで食していました。書籍を読むことで休みなくいつも活動してくれている臓器君に感謝するようになりました。そして、いかに消化器官に負担を掛けていたか・・僕の臓器君たち・・すまぬ。
食べ過ぎてること、食べ過ぎて臓器がどうなっているか?身体の中身を気遣うようになりました。

書籍を読むことで普段の食生活を素材から見るようになりました。
 パン    ⇒炭水化物
 パスタ   ⇒炭水化物
 白米    ⇒炭水化物
 たこ焼き  ⇒炭水化物
 お好み焼き ⇒炭水化物
炭水化物ばっかりやん!
ビックリするほど穀物ばっかり食べていました。
炭水化物=脂質という事もボヤッとは知っていましたが、書籍を読むことで理解しました。腑に落ちました。
太り理由が分かりました。
食生活が乱れていることに気付きました。

僕は書籍を読むことで様々な気付きを得られました。
もちろん専門書で勉強している人たちはもっと深い理解と知識を持っているんでしょうが、普段の生活を見直す程度の知識は上で紹介した書籍で得られます。

いやー本当に無知でした。
あと10年早くこういった書籍に出会えていればもっと違った人生があったと思いますね。
でも10年前では僕のアンテナの感度不足でキャッチできなかったんだろうな。
という事は、やっぱ40歳台になったから得られた情報(チャンス)ということかな。

たぶん、
今実践している”ゆるい糖質制限”は目標を達成したらどこかで”ユルユル糖質制限”に変えるかもですが16時間以上の空腹時間を確保するという”プチ断食”は僕は生涯続ける健康法になる気がします。

それほど体調が良い方向に変わりますね。

体質に合わない人も居るかもですが、”プチ断食”はお勧めです。
参考になれば幸いです。