健康食品

16時間以上の空腹に耐える術。僕はこの原理でダイエット実践中です。

ナッツはダイエットの味方

ダイエット頑張ってますか?
「空腹」こそ最強のクスリでも紹介されていましたが、空腹の時間を確保することでマクロファージ効果が現れ、減量しやすい体になると言われています。
に耐えれなくなった場合は素焼きのミックスナッツは食べていいとされていました。

なぜナッツを食べていいのか?
そんな疑問から色々調べてみました。

そもそも、マクロファージとは?

マクロファージ(Macrophage, MΦ)は白血球の1種。生体内をアメーバ様運動する遊走性の食細胞で、死んだ細胞やその破片、体内に生じた変性物質や侵入した細菌などの異物を捕食して消化し、清掃屋の役割を果たす。とくに、外傷や炎症の際に活発である。また抗原提示細胞でもある。免疫系の一部を担い、免疫機能の中心的役割を担っている。 名称は、ミクロファージ(小食細胞)に対する対語(マクロ⇔ミクロ)として命名されたが、ミクロファージは後に様々な機能を持つリンパ球などとして再分類されたため、こちらのみその名称として残った。大食細胞、大食胞、組織球ともいう。貪食細胞は、狭義にはマクロファージを意味するが、広義には食細胞を意味する。

ウィキペディア(Wikipedia)

ナッツには多くの栄養素が含まれている

ナッツ自体は1粒あたり約1gほどの質量しかありません。
ですが、美容や健康に有用な栄養が沢山含まれています。
さらに、ダイエット、食事制限などで不足した栄養素を摂り入れることができる食品とされています。

転載禁止:ナッツ間食中。

なぜナッツが間食に勧められるのか?

ナッツには良質な脂質が含まれている。

良質な脂質とは何か?スナック菓子などに多く含まれる油は飽和脂肪酸という油で、この油は摂り過ぎてはいけない危険な油です。
ですが、ナッツには乾燥肌の予防やアンチエイジングの味方になが期待できる不飽和脂肪酸という油が多く含まれています。不飽和脂肪酸は摂取すべき脂質です。
ちなみに、どれくらい不飽和脂肪酸が含まれているかというと、ナッツは大体1gなのでその半分は不飽和脂肪酸と言われています。

ナッツには食物繊維が多く含まれている

ナッツは糖質量が少なく食物繊維が豊富です。特に不溶性食物繊維多いため、消化に時間がかかり腹持ちが良いとされています。
こういった理由もありダイエット中の間食に勧められます。
そして、ナッツはGI値(食後の血糖値上昇を示す値)が低いとされています。血糖値を上昇させにくいナッツは肥満を防ぐ効果も期待できます。

ナッツはどれくらい食べてもいい?

一概に何とも言えませんが、ナッツも各種大きさ異なりますし、あくまでも目安と考えてください。

アーモンド 20粒~30粒
カシューナッツ 15粒~20粒
クルミ 10粒~15粒
ピスタチオ 30粒~40粒
マカデミアナッツ 10粒~15粒

いくら良質な脂質がたくさん含まれているからと言って、たくさん食べればいいというわけではありません。
200kcal程度を目安に摂取したらよいと言われています。

16時間の空腹に耐えられない場合

ダイエットの辛いところは空腹時間。
でも僕が実践しているプチ断食&ゆるい糖質制限はナッツOKです。

このお店「ナッツ&ビーンズ」はコスパ最高です。
味も最高です。
特に大好きな商品TOP3を紹介します!

素焼きミックスナッツ

スモークミックスナッツ

黒胡椒ミックスナッツ

おすすめ MCT プロテイン

ダイエットメインのプチ断食+ゆるい糖質制限で減量を目指すと、たんぱく質の補給が間に合わない気がします。
良質なたんぱく質を摂取しようとするとプロテインで補う方が効率的です。
僕が愛用しているプロテインを紹介します。

僕が愛用しているMCT WHEY PROTEINはこちらです。

プロテインについてはまた別の記事を作ってみます。
では、健康なダイエット頑張りましょう。